男の魂と誇りを込めて・・・

世界が震撼する日本の鞄  

開発のきっかけ ●2006年1月 現代表庄山悟が鞄卸コクホー株式会社社長就任時すぐに気付いた ●当時、40代前半だった自分が欲しい鞄、持ちたい鞄が1本も無かったのである。 ●このことは、残念というより大変ショックな事であると同時に、新米経営者ではあっても 危機感を抱かざるを得なかった。 ●このままでは、当時の売り上げ規模を維持するどころか、会社の存続に関わる。 ●幸い前職で培った素材知識と、鞄職人とのパイプを活かし、他社に無いオリジナル商品 ●純国産最高級皮革紳士鞄の開発に着手、それが『國鞄』シリーズである。